自己破産や個人民事再生といった手続きを裁判所に申し立てる

自己破産の手続きをすると、裁判所の監督の下で、破産者の財産はほとんどが清算されお金に換えられて、債権者に公平に配当されます。
当たり前ですが、自己破産をすると新しい融資は受けられなくなります。信用情報機関に事故の異動情報が掲載されるからです。
オートローンや住宅ローンも借入れに含まれますので、当然審査を通過できなくなります。
では、携帯電話の契約はどうなるでしょう。
一言で言ってしまえば、自己破産の時の状況しだいで、引き続き使えるかどうか定まります。
自己破産した時点で携帯電話料金を延滞していて、それを免責の対象にした場合、ごく当たり前の話として携帯電話の契約は強制解約されます。
こうなると手元の携帯電話が使用できなくなるだけでなく、新規に契約しようとしても携帯電話会社の審査をパスできません。
携帯電話料金の事故情報は、信用情報機関だけでなく他の携帯電話会社にも知られます。
新規契約時に、信用情報を全携帯電話会社で共有するという条項に同意しているはずです。
したがって、どの携帯電話会社でも新規の通常契約は絶望的です。せいぜい可能なのはプリペイド契約ぐらいです。
逆に自己破産するまで料金をきちんと支払っていれば、引き続き携帯電話を使い続けることができます。
延滞の事実がなければ特に問題にはされません。新規契約でも審査をパスすることさえあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>